イベント部会 マネジャー
鈴木 花子
HANAKO SUZUKI

2011年 カミスガプロジェクト参加(発足時メンバー)
2013年 理事就任
2017年 代表理事就任

 

縁の下の力持ち

Q1 現在の主な役割を教えてください

自分に向いた役割

コンベヤチェーンの設計を担当している私の現在の仕事は、製造部門に向けて注文書を展開することがメイン。図面・仕様書の作成と製造部門への提出はお客様への製品納期に関わるため、素早い対応が求められます。しかしながら、スピードだけを重視して図面・仕様書が間違ってしまうと、作り直しの時間や費用が発生して結局は本末転倒。いかに正確な図面・仕様書をどれだけ早く仕上げて展開できるかが大きなポイントになります。同時に、今の時代は製造工程全体を見渡したコスト削減が不可欠。要求される製品機能を確実に押さえながら、加工工程や素材、材質、寸法などさまざまな要素へのコスト意識を持って仕事に臨んでいます。

Q2 やりがいを感じるのはどんな時ですか?

JIS規格に準じてつくられるローラチェーンとは違って、日本にはコンベヤチェーンに決まった規格がありません。コンベヤチェーンが活躍する場所も工場やラインによって一品一様、搬送する物もお客様ごとに多岐にわたります。つまり、そのようなお客様の要求に応える機能を満たせば、材質や形などを含めて自由に設計できるということ。自由な発想で製品を考え、形にしていく点はとてもやりがいがあっておもしろいですね。一方、新しい形状や材質を使って設計する際は起こりうる不具合について十分に検討する必要があるので、結構大変な部分もあります。

「ありがとう」が嬉しい

 

Q3 想い出に残っているエピソードを教えてください

一緒に活動しましょう

通常は出すことが困難な高い精度を持つチェーン設計を担当したことがあり、お客様から厳しい要求を次々と求められて非常に苦労した経験があります。チェーンに「できること」と「できないこと」を明確にして、仕様決定までに営業担当者やお客様と膝を交えて打ち合わせと検討を繰り返しました。最終的にお客様の協力でチェーン以外で必要な設備も改造してもらい、無事に納入。この仕事でのやり取りはとても印象に残っています。

 

その他のメンバー